【報告】地域×阿智高校 そばガレット試食会

 阿智高校には「地域政策コース」があり、農業・観光・福祉の3エリアに分かれ2・3年生が学習しています。

 このコースでは、地域の現状と課題を学び、地域の人々と交流を持ち、自ら考えて行動することを目的としています。

 全村博は2018年から、地域政策コース観光エリアと一緒に授業に取り組んでいます。

 11月11日、3年生が阿智村産の食材を使った「そばガレット」の試食会を開催しました。このそばガレット作りは2年の後半から挑戦してきたもので、NHKの情報番組「あさイチ」でも取り上げられました。

「そばガレット」とは、そば粉で作った生地をクレープのように薄く焼く食べ物です。

 試食会ではガレットに使用した蕎麦の生産者さんを始め、授業でお世話になった方々が3種類のガレットを試食しました。

 食べ歩きしやすいようにとロール状にしたところ「おしゃれな食べ方」「もっと見た目に工夫を」との意見がありました。

 阿智村でとれた鹿肉を使ったハンバーグのガレットには「肉にスパイスを効かせたらどうか」「鹿肉は脂分が少ないのでコクを足す工夫をしたらもっと良いかも」などのアドバイスもありました。

鹿肉を使ったガレットには激辛ソースを合わせました。

星空をイメージしたスイーツガレットには、阿智村・清内路地区の伝統野菜「清内路かぼちゃ」をたっぷり使用しています。

 そばガレット作りは生徒たちが「阿智村の良いところを発信したい」「阿智村の素材を活かしたい」との思いで取り組んできました。納得のいく完璧な完成品…まではいきませんでしたが、沢山の人に助けられながら、自分たちでも考え工夫して取り組むことができたと思います。

 今後は1月末に予定している「学習成果発表会」の準備に取り掛かります。

タイトルとURLをコピーしました